FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツリーハウス2日目

のんびり朝を迎えた今日は
かんじきをお借りして、スノーハイクへ出発!

スノーシューやかんじきは3回目だけど、
これを履くと急に雪山での行動範囲が広がるし、
どんどん新雪を歩いていきたくなっちゃう。
いつもテンション上がっちゃうなぁ〜。

私達のツリーハウスの谷を挟んでお隣の森から、
谷に向かって雪の滑り台!

雪がない季節は絶対歩こうとしない急な斜面だけど、
雪が降るとどこでも行かれる!
これだから雪の季節が楽しい♪

ツリーハウスまで行って、
のんびり外から眺めて、中も見渡して。。
3人だったからホントのんびり過ごせたな。
この人数もいいなぁ。

P1294615.jpg


もちろんツリーハウスから帰る時も
いつもの道は通らずに、崖の上から雪の滑り台。
雪の上は楽しくて、でんぐり返ししたくなっちゃうくらい(笑)

お昼は昨晩いただいた鹿ステーキを使って
鹿肉のガーリックチャーハン&鹿ハンバーグ。
みんなでペロリといただいて、大満足!

帰りがけに温泉に立ち寄って、雪見温泉でゆっくりして、
無事帰ってきました。


行ってよかったなぁ。
素敵な週末一緒に過ごしてくれた皆さん
ホントありがとう☆
スポンサーサイト

鹿の解体と鹿のジビエ料理

ツリーハウスの森(もりくら)に遊びに行く予定になった先週末。
出発前日に鹿の解体と鹿料理のイベントが開催されることを知って、
急遽参加することになりました。


鹿の解体って。。。


不安と期待が入り混じる中、
周りでは屋根の雪下ろしをしているような雪深い道を車に乗せてもらって会場へ。


着いた途端、目に飛び込んできたのは雪の上に横になった鹿たち。
その先のみんなの集まる広場では解体が行われている最中で
そこまで歩く足取りが重くなってました。

でも、解体されている鹿をみると、意外と平気でした。
せっかくの機会だからっと、写真撮ってたぐらい。
大切な命をいただく作業。
1頭解体するのに5-6人の男性が必死に作業してて、
肉と皮をナイフで裂くのもなかなか大変な作業のようでした。

P1284582.jpg


お部屋の中では、ホテルのシェフの手で
鹿があっという間にお料理に変身。

鹿のハンバーグ、ステーキ(生肉、約20日寝かせた熟成した肉、燻製シートで香りをつけた肉)、ローストの
鹿尽くしメニュー。

P1284585.jpg




私もお手伝いでたまねぎ炒めたり、ハンバーグを焼いたり。
ソースの作り方やお手軽ローストの作り方など
シェフに色々教えていただいてホント貴重な体験でした!

肝心の鹿のお味は、、、
臭みもほとんど無く、お肉も柔らかく
どれも食べやすくて美味しかった〜。
脂分が少なくてヘルシーで良い感じです。


ディナーの後は参加者の皆さんの自己紹介&感想タイム。
実はみなさん
狩猟、林業、料理っとその道のプロの方たちばかりでビックリしました。


長野では、鹿が増えてきて農作物に被害が多く出てるということ。
狩猟をしても解体に手間がかかること。
その鹿をうまく食用としていただくことは出来ないか。
鹿の皮も使うことは出来ないか。。。


普段の生活からはなかなか知ることが出来ない
新たな世界を教えていただきました。
車で4時間の距離なのに、環境や考えの違いを勉強させていただきました。


会が終わった後は、星空を見ながら
雪道を30分歩いてツリーハウスの森へ。


なんとも刺激的な1日でした。

2012年

明けましておめでとうござます。
今年もよろしくお願いします。

年末年始はツリーハウスの森で真っ白な雪の中過ごしてきました。
雪の中寝転んで見た満天の星に、初日の出を受けた山々の朝焼け。
素敵な新年の幕開けでした。


今年は、伝えることを大切にしていきたいと思います。
考え、気持ち、感謝、笑顔。。。


みなさんにとって笑顔あふれる1年になりますように。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。